コースタルプレインウィロー

Salix caroliniana

Salix caroliniana

Salix caroliniana

Salix caroliniana

Salix caroliniana

アメリカの東南部から中南部に分布しています。低地の河岸や湿地
などに生え、高さは9メートルほどになります。樹皮は灰褐色で、縦に
割れます。葉は長披針形で、縁には細かい鋸歯があります。春に枝
先から花序を下垂させ、黄緑色の目立たない花を咲かせます。
ヤナギ科ヤナギ属の落葉小高木で、学名は Salix caroliniana。
英名は Coastal plain willow, Ward willow。
Coastal plain willow belongs to Salicaceae (Willow family). It is a
deciduous semi-tall tree that is native to south-east and south-central USA.
This tree occurs in lowland streambanks, marshes and can reach 9 m in
height. The barks are grayish brown and longitudinally fissuered. The leaves
are long lanceolate with fine toothed edges. The inconspicuous flowers are
borne on the terminal, drooping inflorescences in spring.
[上・中1〜2] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、
2005年10月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・下] アメリカ・テキサス州マッキニー市「ハードミュージアム」
にて、2007年04月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp