コクリオステマ・オドラティッシムム

Cochliostema odoratissimum

Cochliostema odoratissimum

Cochliostema odoratissimum

Cochliostema odoratissimum

Cochliostema odoratissimum

Cochliostema odoratissimum

中央アメリカのニカラグアからコスタリカ、パナマに分布しています。
樹上に着生し、高さは1.2メートルほどになり、大きな「アナナス」の
ように見えます。1月から3月ごろ、花茎を伸ばして芳香のある青い
花を咲かせます。内側の花弁は濃青色または紫色で、外側は白色
から淡青色をしています。傷つけたときにでる汁は、被れを起こしま
す。
ツユクサ科コクリオステマ属の常緑多年草で、学名は Cochliostema
odoratissimum。英名はありません。
Cochliostema odoratissimum belongs to Commelinaceae (Spiderwort
family). It is an evergreen perennial herb that is distributed from Nicaragua
to Costa Rica and Panama, Central America. This is a epiphyte on trees
and can reach about 1.2 m in height. This herb looks like a large Ananas.
The fragrant blue flowers come in the inflorescences in January to March.
The inner petals are dark blue to purple and the outer ones are white to pale
blue. The sap ooze when breaked a leaf cause a skin irritation.
[上・中1〜2] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2007年03月14日撮影。
[中3〜4・下] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2006年10月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp