ココヤム (アメリカ里芋)

Xanthosoma sagittifolium

Xanthosoma sagittifolium

Xanthosoma sagittifolium

西インド諸島から中・南アメリカに分布しています。高さは2メートル
にもなります。茎は地中で肥大して芋になります。長い葉柄があり、
鏃形の大きな葉がつきます。「タロいも」よりも乾燥に強いので、熱帯
地域で広く栽培されています。小芋や葉、葉柄が食用にされます。
サトイモ科キサントソマ属の常緑多年草で、学名は Xanthosoma
sagittifolium。英名は Yautia, New cocoyam。
Yautia belongs to Araceae (Arum family). It is an evergreen perennial herb
that is native to West Indies, Central and South America. This herb can
reach about 2 m in height. The tuber grows thickening under ground and
send out leaf stalks with large barracking-shaped leaf. This herb is more
tolerant of drought than Taro, and cultivating widely in tropical areas. The
small tubers, leaves and stalks are used for food.
[上・中] オーストラリア・シドニー市「タロンガ動物園」にて、
2006年01月21日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] インド・アッサム州ソーニトプル(Sonitpur)県テーズプル(Tezpur)
にて、2007年06月06日撮影。(photo by Jyoti Saikia)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp