コロカシア・ファラックス [Index] [Back]

Colocasia fallax

Colocasia fallax

中国の西蔵自治区南東部や雲南省南部・西部、バングラデシュの北部、ブータン、インドの北東部、ネパールそれにタイに分布しています。湿った森林や渓谷のやぶ、流れの辺にある湿った日陰などに生え、高さは60センチほどになります。葉は心形で葉柄を中央にもち、淡い緑色またはわずかに青みがかります。花は3月から9月ごろに咲きます。仏炎苞は漏斗形またはやや円筒形で最初は緑色、開花すると橙黄色から黄色に変化します。肉穂花序は無柄で、長さ6.5センチほど、仏炎苞よりも短いです。果実は液果で、黄色に熟します。 
サトイモ科サトイモ属の多年草で、学名は Colocasia fallax。
英名は Silver leaf elephant ear。 
The Silver leaf elephant ear (Colocasia fallax) belongs to the Araceae (the Arum family). It is a perennial herb that is distributed to south-eastern Xizang, southern and western Yunnan, northern Bangladesh, Bhutan, north-eastern India, Nepal and Thailand. This herb grows in humid forests, valley scrub or moist shaded places along streams, and up to 60 cm in height. The leaves are cordate-peltate, pale green or slightly glaucous. The flowers bloom from March to September. The spathe is funnelform or subcylindric, green at first and turns orange-yellow to golden yellow after anthesis. The spadix is sessile, to 6.5 cm and shorter than spathe. The fruit is berry and ripens yellow. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp