コロンビアリリー [Index] [Back]

Lilium columbianum

Lilium columbianum

Lilium columbianum

Lilium columbianum

Lilium columbianum

北アメリカの西部、カナダのブリティッシュコロンビア州南部からカリフォルニア州北部、東へはアイダホ・ネバダ州に分布しています。開けた森に生え、高さは1.2メートル以上になります。葉は明るい緑色で披針形、茎の下部では輪生し、上部では散在します。6月から9月ごろ、濃い斑点のあるオレンジ色の花を咲かせます。アメリカ先住民の人々は、この鱗茎を食料源にしていました。
ユリ科ユリ属の多年草で、学名は Lilium columbianum。
英名は Columbia Lily、Tiger Lily。
Columbia Lily (Lilium columbianum) belongs to the family Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to western North America, from southern British Columbia in Canada south to northern California and east to Idaho and Nevada. This herb grows in open woods, and it can reach up to 1.2 m in height. The leaves are light green, lance-shaped, arranged in whorled at the lower stem and in scattered at the upper stem. The orange flowers with darker-spots bloom from June to September. The Native Americans had been used bulbs as a food source.
アメリカ・オレゴン州カスケードロックスにて、2013年06月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp