コモンビストート

Bistorta major var. major

Bistorta major var. major

Bistorta major var. major

Bistorta major var. major

Bistorta major var. major

Bistorta major var. major

Bistorta major var. major

Bistorta major var. major

Bistorta major var. major

Bistorta major var. major

Bistorta major var. major

Bistorta major var. major

Bistorta major var. major

Bistorta major var. major

Bistorta major var. major

わが国の「いぶきとらのお(Bistorta major var. japonica)」の近縁種です。イギリスからヨーロッパに分布しています。湿潤な草原や水辺に生え、とくに酸性土壌に多く見られます。高さは50〜90センチほどで、根茎はこぶ状になっています。基部の葉は青緑色の楕円状披針形で、長い葉柄があります。茎葉は披針形から線形です。6月から9月ごろ、筒状の総状花序に白色またはピンク色の花を咲かせます。 
タデ科イブキトラノオ属の多年草で、学名は Bistorta major var. major。英名は Common bistort, Bistort。 
Common bistort (Bistorta major var. major) belongs to the Polygonaceae (the Knotweed family). It is a perennial herb that is native to Europe including Britain. This herb occurs in damp meadows and by water, especially on acid soils and can reach 50-90 cm in height. The rhizomes are tubercle. The basal leaves are bluish-green and elliptic-lanceolate with long stalks. The cauline leaves are lanceolate to linear. The cylindrical recemes are borne and bloom white to pink flowers from June to September. 
[上・中1〜5] スイス・ベルン州・グリンデルワルト「バッハアルプゼー」にて、2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6・中7] スイス・ベルン州・ミューレンにて、
2007年06月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8・中9] スイス・ベルン州マイリンゲン「ハスリベルク高原」にて、
2002年07月15日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中10・中11] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月18日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中12・中13] 同上にて、2008年06月15日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] イギリス・スコットランド「バルモラル城」にて、
2016年06月05日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp