コンブレツム・グランディフロルム

Combretum grandiflorum

Combretum grandiflorum

アフリカの西部、ガンビアからギニア、ガーナに分布しています。蔓
性で、他の樹木などに絡んで伸び、長さは6メートルほどになります。
葉は濃緑色の長楕円形で、羽状複葉のように対生します。枝の上部
の葉腋から、長い花梗のある花序をだし、鮮やかな朱赤色の花を咲
かせます。
シクンシ科コンブレツム属の蔓性常緑低木で、学名は Combretum
grandiflorum。英名はありません。
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年05月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp