コモンスノーベリー [Index] [Back]

Symphoricarpos albus

Symphoricarpos albus

カナダのほとんどとアメリカの北部に分布しています。暗く湿り気のある森林や氾濫原、川岸などに生え、高さは1〜2メートルになります。葉は卵形で対生します。6月から7月ごろ、総状花序に明るいピンク色でベル形の花を咲かせます。果実は白色の液果に似た核果で、幅は1センチほどです。先住民の人々は、民間薬やせっけん、そして材は矢柄のよい材料として使っていました。
スイカズラ科シンフォリカルポス属の落葉小低木で、学名は Symphoricarpos albus。英名は Common snowberry。
Common snowberry (Symphoricarpos albus) belongs to the family Caprifoliaceae (the Honeysuckle family). It is a deciduous shrub that is native to much of Canada and the northern United States. This shrub grows in shady and moist woodlands and on floodplains and riverbanks, and it can reach 1-2 m in height. The leaves are ovate and arranged in opposite. The bright pink, bell-shaped flowers bloom in the racemes from June to July. The fruits are white berry-like drupe about 1 cm wide. Native Americans used the plant as a medicine and a soap, and the wood was good for arrow shafts.
アメリカ・オレゴン州「マルトノマ滝」にて、2013年06月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp