コモンタイム

Thymus vulgaris

Thymus vulgaris

Thymus vulgaris

Thymus vulgaris

Thymus vulgaris

Thymus vulgaris

Thymus vulgaris

ヨーロッパ南部の地中海沿岸が原産です。乾燥した砂礫地で、粘土
質あるいは石灰岩質の土壌に生育しています。高さは20〜40セン
チほどになります。5月から7月ごろ、淡いピンクの小さな花を咲かせ
ます。代表的な料理用ハーブで、とくに魚介類に合います。パエリア
やソーセージ、ミートソースなどに用いられます。
シソ科イブキジャコウソウ属の常緑小低木で、学名は Thymus
vulgaris。英名は Common thyme, Garden thyme。
Common thyme belongs to Lamiaceae (Mint family). It is an evergreen
shrub that is native to the coastal areas of the Mediterranean Sea. This
shrub occurs in arid rocky clay or limestone soils. It can reach 20-40 cm in
height. Pale pink flowers come in May to July. Common thyme is a typical
cooking herb that is used for sea food, paella, sausage and meat sauce.
[上・中1] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年06月18日撮影。
[中2] 茨城県神栖市土合西にて、2008年06月09日撮影。
[中3・中4] 長野県大町市「ラ・カスタ」にて、2007年07月10日撮影。
[中5] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。
[下] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2007年06月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp