コンボルブルス・クネオルム [Index] [Back]

Convolvulus cneorum

Convolvulus cneorum

Convolvulus cneorum

Convolvulus cneorum

ヨーロッパの南部に分布しています。海岸地帯に生え、マウンドを形成して、高さは60〜120センチになります。葉は灰緑色で披針形、細かな毛に被われています。茎の先にゆるい円錐花序をだし、漏斗形の花を咲かせます。花は直径2.5〜4センチ、白色で黄色い咽があります。
ヒルガオ科セイヨウヒルガオ属の常緑小低木で、学名は Convolvulus cneorum。英名は Bush morning glory, Silverbush。
Bush morning glory (Convolvulus cneorum) belongs to Convolvulaceae (Bindweed family). It is an evergreen mounding shrub that is native to Southern Europe. This shrub occurs in coastal areas and can reach 60-120 cm in height. The leaves are grey-green, lanceolate and covered in fine hairs. The loose panicles are borne at the end of stems and bloom funnel-shaped flowers. The flowers are 2.5-4 cm across and are white with a yellow throat.
[上] 栃木県藤岡町「とちぎ花センター」にて、2008年03月29日撮影。
[中1〜2・下] 茨城県小美玉市「美野里花木センター」にて、
2009年04月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp