コノフィツム・フラテルヌム [Index] [Back]

Conophytum fraternum

南アフリカに分布しています。標高800〜1200メートルの岩礫地に生え、高さは5センチほどになります。茎は直立し、集まって小さな群落を形成します。葉は部分的に融合し、ほとんど球形で、多肉質の緑色です。冬にデージーのような白色の花を咲かせます。
ツルナ科コノフィツム属の常緑多年草で、学名は Conophytum fraternum。英名はありません。
Conophytum fraternum belongs to the Aizoaceae (the Ice plant family). It is an evergreen perennial herb that is native to South Africa. This herb grows on rocks and screes 800-1200 m elevation, and can reach about 5 cm in height. It has erect stem and forms compact group. The leaves are partially fused, almost spherical, green and fleshy. The white daisy-like flower blooms in winter.
イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、2008年03月03日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp