コラロリザ・ストリアータ [Index] [Back]

Corallorhiza striata

Corallorhiza striata

Corallorhiza striata

カナダとアメリカの北部・西部に分布しています。山地の薄暗い森林などに生え、高さは60センチ以上になります。このランは、地面の上の腐りかけた植物体の層に生息し、菌類から菌従属栄養によって栄養を得ています。退化した葉がありますが、葉緑素はありません。5月から6月ごろ、人目を引く赤紫色の条斑がある、ピンク色がかった黄色または白色の花を咲かせます。
ラン科コラロリザ属の多年草で、学名は Corallorhiza striata。
英名は Striped coralroot、Hooded coralroot。
Striped coralroot (Corallorhiza striata) belongs to the family Orchidaceae (the Orchid family). It is a perennial orchid that is native to Canada and the northern and western United States. It grows in mountain shaded forests, and it can reach up to 60 cm in height. This orchid lives in the layer of decaying plant matter on the ground obtaining nutrients from fungi via mycoheterotrophy. It has reduced leaves and no chlorophyll. The pinkish yellow or white, conscpicuously striped with reddish purple bloom in late May through June.
アメリカ・オレゴン州「ロスト湖」にて、2013年06月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp