コロニラ・ウァギナリス [Index] [Back]

Coronilla vaginalis

Coronilla vaginalis

ヨーロッパのアルプス、アペニン山脈、バルカン半島それにカルパチア山脈に分布しています。標高1000〜2300メートルの草地や茂みに生え、高さは30〜50センチになります。葉は偶数羽状複葉で、長楕円形から円形の小葉が2〜6対つきます。5月から7月ごろ、黄色い蝶形花を咲かせます。
マメ科コロニラ属の多年草で、学名は Coronilla vaginalis。
英名は Small scorpion vetch。
Small scorpion vetch belongs to Fabaceae (Pea family). It is a perennial herb that is native to Europe and distributed in Alps, Apennines, Balkan Peninsula and Carpathians. This herb occurs in grasslands or thickets 1000-2300 m elevation and can reach 30-50 cm in height. The leaves are pari-pinnate compound with 2-6 pairs of oblong to orbiculate leaflets. The yellow papilionaceous flowers come in May to July.
スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山植物園」
にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp