コロニラ・バレンチナ

Coronilla valentina

Coronilla valentina

Coronilla valentina

Coronilla valentina cv. Variegata

Coronilla valentina cv. Variegata

ヨーロッパの南東部から南西部に分布しています。砂地や岩礫地に
生え、高さは50〜100センチになります。葉は羽状複葉で、倒卵形
の小葉がつきます。晩春から夏にかけて、散形花序をだし、熟れた
「もも」のような芳香のある黄色い蝶形花を咲かせます。写真中3・下
は斑入りの園芸品種「バリエガタ(cv. Variegata)」。
マメ科コロニラ属の常緑多年草で、学名は Coronilla valentina。
英名は Mediterranean crownvetch, Scorpion vetch。
Mediterranean crownvetch (Coronilla valentina) belongs to the Fabaceae
(the Pea family). It is an evergreen herb that is distributed from south-
eastern to south-western Europe. This herb grows in sandy soils and screes,
and can reach 50-100 cm in height. The leaves are pinnate compound with
obovate leaflets. The umblels are borne and the yellow papilionacenous
flowers bloom from late spring to summer. The flowers has peach-like
aroma. The bottom two photos are a cultivar 'Variegata'.
[上・中1〜2] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・下] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2006年04月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp