コモンセージ (薬用サルビア)

Salvia officinalis

Salvia officinalis

Salvia officinalis

Salvia officinalis

Salvia officinalis

Salvia officinalis

ヨーロッパの地中海沿岸が原産です。高さは50〜70センチになりま
す。茎は古くなると木質化します。葉は長楕円形で対生し、5月から7
月ごろ、紫色から白色の蝶形花を咲かせます。葉はハーブティーや
料理用のハープとして利用されます。和名では「やくようサルビア(薬
用サルビア)」と呼ばれます。
シソ科アキギリ属の常緑小低木で、学名は Salvia officinalis。
英名は Common sage, Sage。
Common sage (Salvia officinalis) belongs to Lamiaceae (the Mint family). It
is a evergreen shrub that is native to coastal areas of the Mediterranean
Sea. This shrub can reach 50-70 cm in height. The stem lignifies when
aging. The leaves are oblong and opposite. The purple to white
papilionacenous flowers appear in May through July. The leaves are used
for herbal tea or kitchen herb.
[上・中1] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2009年04月26日撮影。
[中4] 同上にて、2008年03月30日撮影。
[中2] 岐阜県郡上市高鷲「牧歌の里」にて、2002年06月23日撮影。
[中3] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2002年05月04日撮影。
[下] スイス・ベルン州「バレンベルク屋外博物館」にて、
2009年06月27日撮影。(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp