コスレタス (立ち苣) [Index] [Back]

Lactuca sativa var. longifolia

Lactuca sativa var. longifolia

Lactuca sativa var. longifolia

「レタス」の変種で、「ロメインレタス」とも呼ばれています。地中海沿岸から西アジアが原産です。堅い茎と丈夫な葉で、紡錘形に半結球します。葉は苦味があり、シーザーサラダや炒め物に使用されます。名前は、ギリシャのコス島に因みます。別名で「たちちしゃ(立ち苣)」とも呼ばれます。
キク科アキノノゲシ属の一年草または二年草で、学名は Lactuca sativa var. longifolia。英名は Cos lettuce、Romaine lettuce。
Cos lettuce (Lactuca sativa var. longifolia) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a variety of lettuce and also called "Romaine lettuce". It is an annual or biennial herb that is native from the coastal areas of the Mediterranean Sea to West Asia. This herb grows in a fusiform-shaped semi-open head of sturdy leaves with a firm rib. The leaves have biiter taste, and are used for stir fried or Caesar salad. The common name derives from the Kos Island in Greece.
[上] 千葉県香取市大角にて、2010年11月25日撮影。
[中] 同上にて、2010年11月16日撮影。
[下] 同上にて、2011年10月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp