コトネアスター・ラクテア

Cotoneaster lactea

Cotoneaster lactea

Cotoneaster lactea

Cotoneaster lactea

中国が原産です。「コトネアスター」のなかでは葉が大きく、英名の由
来となっています。5月から6月ごろ、枝先の複散形花序に白い花を
咲かせます。果実は11月から12月ごろに、真っ赤に熟します。詳細
な情報は見あたりません。
バラ科シャリントウ属の常緑低木で、学名は Cotoneaster lactea。
英名は Big leaf cotoneaster。
Big leaf cotoneaster belongs to Rosaceae (Rose family). It is an evergreen
small tree that is native to China. This leaves are relatively large in
cotoneasters, and the common name is derived from them. The white
flowers on the terminal compound umbels come in May to June. The fruits
ripen bright red in November to December. We cannot find more
information.
[上] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年06月07日撮影。
[中1・中2] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2005年11月18日撮影。
[下] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲート
パーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp