カウパースニップ

Heracleum lanatum

Heracleum lanatum

Heracleum lanatum

Heracleum lanatum

Heracleum lanatum

Heracleum lanatum

Heracleum lanatum

Heracleum lanatum

Heracleum lanatum

Heracleum lanatum

北アメリカに広く分布しています。湿り気のある草地や茂み、川沿いの土手などに生え、高さは1.2〜2.7メートルになります。葉は掌状に大きく3裂し、裂片はさらに切れ込みます。6月から8月ごろ、茎の先端に大きな複散形花序をつけ、白い花を咲かせます。わが国の「おおはなうど(Heracleum dulce)」の近縁です。
セリ科ハナウド属の多年草で、学名は Heracleum lanatum。
英名は Cow parsnip、Hogweed。
Cow parsnip (Heracleum lanatum) belongs to the family Apiaceae (the Carrot family). It is a perennial herb that is distributed widely to North America. This herb grows in moist grasslands, scrubs, and riverside banks, and it can reach 1.2-2.7 m in height. The leaves are large trilobate palmetely, moreover the segments are dissected. The large compound umbels are borne at the atip of stems, and the white flowers bloom from June to August. It is closely related to Sweet cow parsnip (Heracleum dulce).
[上・中1] アメリカ・カリフォルニア州「ミュアーウッズ国定公園」にて、
2004年04月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] (photo by Jouette Suehiro)
[中3〜中6] アメリカ・オレゴン州カスケードロックスにて、
2013年06月15日撮影。
[中7〜8・下] アメリカ・オレゴン州「マルトノマ滝」にて、
2013年06月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp