ココやし (ココ椰子)

Cocos nucifera

Cocos nucifera

Cocos nucifera

Cocos nucifera

Cocos nucifera

Cocos nucifera

Cocos nucifera

Cocos nucifera

Cocos nucifera

Cocos nucifera

Cocos nucifera

Cocos nucifera

東南アジアが原産だと考えられています。現在では世界の熱帯地域に広く植栽され、生活に欠かすことのできない有用植物となっています。高さは10〜20メートルになり、葉は大きな羽状複葉で、幹の先端にまとまってつきます。果実は楕円形でココナッツと呼ばれ、未熟な胚乳はココナッツジュースやココナッツミルクとして飲料にされます。また熟したものはココナッツクリームとして料理やお菓子の材料にされます。これを乾燥させたものはコプラと呼ばれ、ヤシ油やマーガリン、石けんなどの原料となります。 
ヤシ科ココヤシ属の常緑高木で、学名は Cocos nucifera。
英名は Coconut palm、Coco palm。 
The Coconut palm (Cocos nucifera) belongs to the Arecaceae (the Palm family). It is a tall evergreen tree that is probably native to Southeast Asia. This tree has been cultivated in the tropical areas worldwidely and becoming to essential useful plant. This tree can reach 10-20 m in height, the leaves are large pinnate compound and fascicled on the terminal stem. Fruits are elliptic, called coconut, and the young albumens are used for beverages such as coconut juice or coconut milk. Ripened albumens are ingredients of coconut cream. Dried alubmens, called copra, are ingredients of palm oil, margarine or soap. 
[上・中2] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2007年01月12日撮影。
[中1・中6] 同上にて、2006年11月15日撮影。
[中3] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年04月25日撮影。
[中4] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2007年03月14日撮影。
[中5] アメリカ・ハワイ州「マウイ島」にて、2001年04月01日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中7] ベトナム・ハノイ市にて、2010年09月02日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中8〜10・下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp