クラタエグス・フラウァ [Index] [Back]

Crataegus flava cv. Upright

Crataegus flava cv. Upright

Crataegus flava cv. Upright

北アメリカの南東部、バージニア州からフロリダ州、西へはミシシッピー州に分布しています。開けた森林や低い丘に生え、高さは8〜10メートルになります。葉はくさび形または広倒卵形で、互生します。5月から6月ごろ、白色の花を咲かせます。果実は黄色のナシ形で、直径は16ミリ以上、ゼリーやジャムを作ることができます。材は硬く、小さな道具を作ることができます。写真は園芸品種の「アップライト(cv. Upright)」。
バラ科サンザシ属の落葉低木で、学名は Crataegus flava。
英名は Summer haw。
Summer haw (Crataegus flava) belongs to the family Rosaceae (the Rose family). It is a small deciduous tree that is native to south-eastern North America, Virginia to Florida, west to Mississippi. This tree grows in open woods and low hills, and it can reach 8-10 m in height. The leaves are cuneatic or broad obovate, and arranged in alternate. The white flowers bloom from May to June. The fruits are yellow, pear-shaped, up to 16mm in diameter, and can be used to make jellies and jams. The tiber is hard and can be made into small tools.
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp