クレスケンティア・アラータ [Index] [Back]

Crescentia alata

Crescentia alata

Crescentia alata

Crescentia alata

メキシコ南部から中央アメリカのコスタリカが原産です。牧草地や野原に生え、高さは8メートルほどになります。葉は単葉で束生します。花は幹から直接でる幹生花で、蝙蝠媒花です。果実は砲丸形で、直径7〜10センチほどあります。栽培もされていて、中空の果実は乾燥させて、食べ物や飲み物の容器、マラカスで知られる楽器にも利用されます。別名で、「パルメンティエラ・アラータ」とも呼ばれます。
ノウゼンカズラ科クレスケンティア属の常緑小高木で、学名は Crescentia alata(syn. Parmentiera alata)。英名は Mexican calabash。
Mexican calabash belongs to Bignoniaceae (Trumpet creeper family). It is an evergreen semi-tall tree that is native from southern Mexico to Costa Rica. This tree occurs in pastures or fields and can reach about 8 m in height. The leaves are monophyllous and fasciculate. The flowers are borne on the stems and pollinated by bats. The fruits are cannonball-like 7-10 cm in diameter. It is also cultivated, the fruits are hollowed and dried and used as containers for food and drink, musical rattles known as maracas.
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2007年03月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp