クレピス・アルペストリス [Index] [Back]

Crepis alpestris

Crepis alpestris

ヨーロッパアルプスから小アジアに分布しています。標高500〜2600メートルの草地に生え、高さは10〜30センチになります。葉は倒披針形で、小歯状突起があるか羽状に深裂します。7月から8月ごろ、黄色い頭花を一つだけ咲かせます。総苞は黄色みを帯びるか灰色の綿毛があります。
キク科フタマタタンポポ属の多年草で、学名は Crepis alpestris。
英名はありません。
Crepis alpestris belongs to Asteraceae (Aster family). It is a perennial herb that is native from European Alps to Asia Minor. This herb occurs in montane grasslands 500-2600 m elevation and can reach 10-30 cm in height. The leaves are oblanceolate and denticulate to pinnatipartite. The solitary yellow flowerheads come in July to August. The involucre is yellowish or gray tomentose.
スイス・ベルン州・グリンデルワルト「バッハアルプゼー」にて、
2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp