クレピス・ディオスコリディス [Index] [Back]

Crepis dioscoridis

Crepis dioscoridis

ギリシャとエーゲ海の島々に分布しています。明るい森やガリッグ(乾燥した水はけのよい場所にある石灰質の岩山に生える植物の群系)に生え、高さは10〜60センチになります。葉には腺毛がありません。4月から6月ごろ、直径11〜18ミリの頭花を咲かせます。 
キク科キク科フタマタタンポポ属の多年草で、学名は Crepis dioscoridis。英名はありません。 
Crepis dioscoridis belongs to the family Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to Greece and the Aegean Sea. This herb grows in open forests or Garrigue, and it can reach 10-60 cm in height. The leaves have no glandular hairs. The yellow flower-heads, 11-18 mm in diameter, bloom from April to June. 
ギリシャ・フィリッピにて、2014年09月15日撮影。
(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp