クリヌム・アマビレ [Index] [Back]

Crinum amabile

Crinum amabile

アジアの熱帯地方が原産です。高さは90〜120センチになります。葉は緑色で大きく、帯状をしています。ひと夏中、長い花茎の上に、赤色からピンク色で非常に芳香のある花を20〜30個咲かせます。今では、温暖な地方で庭園植物として植栽されています。
ユリ科ハマオモト属の常緑多年草で、学名は Crinum amabile。
英名は Giant spider lily。
Giant spider lily (Crinum amabile) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is an evergreen perennial herb that is native to tropical areas of Asia. This herb grows to 90-120 cm in height. The leaves are green, large and strip-shaped. The 20-30, red to pink, extremely fragrant flowers bloom on the long stalk all summer. It is now planted as a garden plant in the warm climate areas.
茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、2010年01月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp