クリノデンドロン・フッケリアヌム

Crinodendron hookerianum

クリノデンドロン属はただ2種しかなく、いずれもチリからアルゼンチ
ンに分布しています。幹は直立して高さは3〜9メートルほどになり、
枝は大きく広がります。葉は披針形で光沢があり、縁が外側に丸まり
ます。晩春から初夏にかけて、長い花茎の先に、濃い赤色のランタ
ンのような花を下垂して咲かせます。
ホルトノキ科クリノデンドロン属の常緑低木で、学名は Crinodendron
hookerianum。英名は Lantern tree, Chilean lantern plant。
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年09月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp