クロクス・アルビフロルス [Index] [Back]

Crocus albiflorus

Crocus albiflorus

Crocus albiflorus

Crocus albiflorus

Crocus albiflorus

ヨーロッパアルプスに分布しています。山地の斜面に生え、高さは7〜15センチになります。3月から5月ごろ、雪解けの草原に、白色や紫色、ストライプなどの花を咲かせます。
アヤメ科クロッカス属の多年草で、学名は Crocus albiflorus。
英名は White crocus。
White crocus (Crocus albiflorus) belongs to the Iridaceae (the Iris family). It is a perennial herb that is native to Europe Alps. This herb grows in montane slopes and can reach 7-15 cm in height. The white, purple or striped flowers appear on thawy grasslands from April to May.
[上] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、2008年06月19日撮影。
(photo by Jouette Suehiro)
[中1〜中3] 同上にて、2008年06月19日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2008年06月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp