クロクス・コロルコウイー

Crocus korolkowii

Crocus korolkowii

アフガニスタンからパキスタン北部それにダジキスタンやウズベキス
タンに分布しています。標高1200メートル以上の砂礫地や草地に
生え、高さは10センチほどになります。自生地は、冬は寒冷で積雪
があり、夏は乾燥するところです。春、光沢のある黄色い花を咲かせ
ます。花被片には褐色の模様が入ります。
アヤメ科クロッカス属の多年草で、学名は Crocus korolkowii。
英名はありません。
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年02月08日撮影。
[下] 同上にて、2005年02月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp