クロトンのき (変葉木)

Codiaeum variegatum

Codiaeum variegatum

Codiaeum variegatum

Codiaeum variegatum

Codiaeum variegatum

Codiaeum variegatum

Codiaeum variegatum

Codiaeum variegatum

Codiaeum variegatum

Codiaeum variegatum

Codiaeum variegatum

Codiaeum variegatum

マレー半島からスンダ列島、オーストラリアが原産です。別名で「へんようぼく(変葉木)」とも呼ばれます。葉のかたちは卵形や披針形、それに深裂するものなどがあり、また黄色い筋が入るものや赤く色づくものなどさまざまです。観葉植物として栽培されています。雌雄同株で、総状花序に目立たない花を咲かせます。
トウダイグサ科クロトンノキ属の常緑低木で、学名は Codiaeum variegatum。英名は Croton。
Croton belongs to the family Euphorbiaceae (the Spurge family). It is a small evergreen tree that is native to the Malay Peninsula, the Sunda and Australia. Leaves are ovate to lanceolate or divided deeply, and verious color such as yellow stripes or reddish tinged. This tree is cultivated for foliage plant. This tree is monoecism and inconspicuous flowers in racemes.
[上・中1] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、2005年09月03日撮影。
(photo by Jouette Suehiro)
[中2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2004年02月07日撮影。
[中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年09月15日撮影。
[中4〜中6] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年01月06日撮影。
[中7] 韓国・果川(クァチョン)市莫渓洞(マッケドン)「ソウル大公園」
にて、2007年01月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8・中9] 群馬県高崎市「高崎市染料植物園」にて、
2011年12月11日撮影。
[中10・下] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、
2012年12月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp