カレーバイン (釣鐘葛)

Bignonia capreolata

Bignonia capreolata

Bignonia capreolata

Bignonia capreolata

Bignonia capreolata cv. Dragon Lady

Bignonia capreolata cv. Dragon Lady

Bignonia capreolata cv. Dragon Lady

Bignonia capreolata cv. Dragon Lady

北アメリカの南東部、メリーランドからフロリダ州、西はミズーリから
テキサス州に分布しています。正式な和名は「つりがねかずら(釣鐘
葛)」ですが、花がカレーの色や匂いがすることから、ふつうには「カ
レーバイン」の愛称で呼ばれています。4月から5月ごろ、前年枝の
葉腋に鐘状漏斗形の花を咲かせます。最近では、フェンスやアー
チ、壁面などの緑化植物として使われています。写真中4〜下は園
芸品種の「ドラゴンレディ(cv. Dragon Lady)」。
ノウゼンカズラ科ツリガネカズラ属の常緑蔓性低木で、学名は
Bignonia capreolata。英名は Cross vine, Trumpet-flower。
Cross vine (Bignonia capreolata) belongs to Bignoniaceae (the Trumpet
creeper family). It is an evergreen woody-vine that is native to southeastern
North America, from Maryland to Florida, and west to Missouri and
Texas. The bell-funnel shaped flowers appear in the axiles from April to
May. It is used for afforestation plant on fences, arches or walls. The
below four photos are a cultivar 'Dragon Lady'.
[上・中1〜2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年05月12日撮影。
[中3] 同上にて、2007年06月21日撮影。
[中4] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] 同上にて、2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6・下] 同上にて、2009年03月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp