キアトデス・アビエチナ

Cyathodes abietina

Cyathodes abietina

Cyathodes abietina

オーストラリアの南西部から西部とタスマニア島に分布しています。
海岸の岩場に生え、高さは2メートルほどになります。幹は直立して、
よく分枝します。線状披針形の葉は長さが10〜15ミリ、厚くて丈夫
です。原産地では10月から12月ごろ、枝先の花序に白い花を咲か
せます。果実は核果でピンク色をしています。
エパクリス科キアトデス属の常緑低木で、学名は Cyathodes abietina。
英名は West coast pink berry。
West coast pink berry belongs to Epacridaceae family. It is an evergreen
small tree that is distributed in southwestern and west Australia, Tasmania.
This tree occurs in coastal scrags and can reach about 2 m in height. The
trunk is erect and much branched. The leaves are linear-lanceolate 10-15
mm long, thick and tough. The white flowers come in the terminal clusters
from October to December in the native areas. The fruits are drupes and
ripen pink.
[上・中] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデン
ゲートパーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2004年04月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp