キカス・ルムフィイ

Cycas rumphii

Cycas rumphii

Cycas rumphii

Cycas rumphii

Cycas rumphii

インドネシアのスマトラ島東部からパプアニューギニアに分布しています。高さは3〜10メートルほどになり、幹は分枝します。葉は羽状複葉で長さが1.5〜2.5メートルあり、幹頂に輪生状につきます。夏に幹の先端に花序をだします。種子は扁平な倒卵形で、橙褐色に熟します。 
ソテツ科ソテツ属の常緑低木で、学名は Cycas rumphii。英名は Queen sago。 
Queen sago (Cycas rumphii) belongs to the Cycadaceae (the Cycad family). It is a small evergreen tree that is distributed to the eastern Sumatra Island and Papua New Guinea, Indonesia. The trunk is branched and the height is about 3-10 m. The leaves are 1.5-2.5 m long, pinnate compound and arranged in whorls atop of trunk. It will produce a cluster at the tip of the trunk in summer. The seeds are flat obovate and ripe in orange brown. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年08月29日撮影。
[中2〜3・下] 同上にて、2017年09月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp