キリンドロプンティア・アカントカルパ [Index] [Back]

Cylindropuntia acanthocarpa

Cylindropuntia acanthocarpa

アメリカのカリフォルニア州やネバダ州、ユタ州それにアリゾナ州に分布しています。砂漠に生え、高さは1.8メートルほどになります。茎は牡鹿の枝角のように分枝して、棘が多く、棘座にはふつう6〜20個の棘があります。4月の終わりから5月にかけて、オレンジ色や赤色、黄色、ピンク色または黄緑色の花を咲かせます。果実はでこぼこが多く、棘の多い黄褐色の液果で、翌年の開花する前に、干からびて落ちてしまいます。
サボテン科キリンドロプンティア属のサボテンで、学名は Cylindropuntia acanthocarpa (syn. Opuntia acanthocarpa)。英名は Buckhorn cholla。
Buckhorn cholla (Cylindropuntia acanthocarpa) belongs to the family Cactaceae (the Cactus family). It is a cactus that is native to California, Nevada, Utah and Arizona in the United States. This cactus grows in desert and it can reach about 1.8 m in height. The stems are branched like a buck's antlers and are spiny with usually 6-20 spines per areole. The orange, red, yellow, pink or yellow-green flowers bloom in late April and May. The fruits are bumpy, spiny, tan-colored berries that dry out and drop off before the plant flowers again next year.
アメリカ・ネバダ州ラスベガス市にて、2009年01月10日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp