キリンドロプンティア・エキノカルパ [Index] [Back]

Cylindropuntia echinocarpa

Cylindropuntia echinocarpa

アメリカの南西部からメキシコ西北部に分布しています。砂漠に生え、高さは2メートルほどになります。樹状になるサボテンで、茎や枝は円筒形の茎節です。小結節には、それぞれ20個以上の真っ直ぐで灰色または黄色の棘が生えます。花はふつう黄緑色ですが、ときおりピンク色がかったものや褐色ががったのもあります。果実はでこぼこが多く、棘の多い黄褐色の液果で、傷んだバターを連想させるような臭いがあります。
サボテン科キリンドロプンティア属の団扇サボテンで、学名は Cylindropuntia echinocarpa (syn. Opuntia echinocarpa)。英名は Silver cholla。
Silver cholla (Cylindropuntia echinocarpa) belongs to the family Cactaceae (the Cactus family). It is a cactus that is native to the southwestern United States and northwestern Mexico. This cactus grows in desert and it can reach about 2 m in height. It is a treelike cactus and its stem and branches are made up of cylindrical segments. The fleshy tubercles each bear up to 20 long, straight grayish or yellowish spines. The flower is usually greenish yellow, sometimes pinkish or brownish in color. The fruits are bumpy, spiny tan-colored berries and have a scent reminiscent of rancid butter.
アメリカ・ネバダ州ラスベガス市にて、2009年01月10日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp