キノグロッスム・オフィキナーレ [Index] [Back]

Cynoglossum officinale

Cynoglossum officinale

Cynoglossum officinale

Cynoglossum officinale

ヨーロッパに分布しています。標高2400メートル以下の乾燥した砂礫地などに生え、高さは30〜120センチになります。葉は長楕円形から披針形で、上部の葉は茎を抱きます。5月から8月ごろ、暗い赤紫色で漏斗形の花を咲かせます。
ムラサキ科オニルリソウ属の二年草で、学名は Cynoglossum officinale。英名は Hound's tongue。
Hound's tongue (Cynoglossum officinale) belongs to the family Boraginaceae (the Borage family). It is a biennial herb that is native to Europe. This herb grows in dry and stony places, to 2400 m elavation, and it can reach 30-120 cm in height. The leaves are oblong to lanceolate and the upper leaves are clasping the stems. The flowers are dull reddish-purple, funnel-shaped and bloom from May to August.
[上] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、2008年06月17日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中1〜2・下] アメリカ・アイダホ州「ショショーン滝」にて、
2013年06月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp