キクラミネウスすいせん
(キクラミネウス水仙)

Narcissus cyclamineus cv. Tete-a-tete

Narcissus cyclamineus cv.

Narcissus cyclamineus cv.

Narcissus cyclamineus cv.

Narcissus cyclamineus cv.

Narcissus cyclamineus cv.

Narcissus cyclamineus cv.

イギリス王立園芸協会(Royal Horticultural Society)の分類では、ヨー
ロッパの西部、スペインからポルトガルに分布するキクラミネウス種
(Narcissus cyclamineus)を親株として作出された園芸品種群です。1
茎1花で、花弁が後ろに反転するのが特徴です。
写真上の品種は「ティタテイト(cv. Tete-a-tete)」。
ユリ科スイセン属の多年草で、学名は Narcissus cyclamineus cv.。
英名は Cyclamineus daffodil, Cyclamen daffodil。
Cyclamineus daffodil belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is one of
narcissus cultivar group which are breeded from the host - Narcissus
cyclamineus (by the rule of Royal Horticultural Society). Narcissus
cyclamineus is distributed Spain and Portugal. This species is characterized
by one flower on a stalk and recurvate petals.
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2007年03月26日撮影。
[中1・中2] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2004年02月01日撮影。
[中3] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2007年03月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4〜5・下] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp