キティスス・デクンベンス [Index] [Back]

Cytisus decumbens

Cytisus decumbens

ヨーロッパの中部から南部に分布しています。山地の岩の多い斜面に生え、高さは10〜30センチになります。葉は卵形で灰緑色、両面が毛に被われています。6月から7月ごろ、葉腋に鮮やかな黄色い花を2個ずつ咲かせます。
マメ科エニシダ属の落葉小低木で、学名は Cytisus decumbens。
英名はありません。
Cytisus decumbens belongs to Fabaceae (Pea family). It is a deciduous shrub that is native to central and south Europe. This herb occurs in montane rocky slopes and can reach 10-30 cm in height. The leaves are ovate, grayish green and hirsute on both surfaces. The bright yellow flowers in pairs come in the axiles from June to July.
スイス・ベルン州・グリンデルワルト「バッハアルプゼー」にて、
2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp