がくあじさい (額紫陽花)

Hydrangea macrophylla f. normalis

Hydrangea macrophylla f. normalis

Hydrangea macrophylla f. normalis

Hydrangea macrophylla f. normalis

Hydrangea macrophylla f. normalis

Hydrangea macrophylla f. normalis

Hydrangea macrophylla f. normalis

Hydrangea macrophylla f. normalis

Hydrangea macrophylla f. normalis

わが国の本州、関東地方から中部地方、伊豆諸島、小笠原諸島など暖帯の沿海地に分布しています。厚い広楕円形の葉は対生し、6月から7月ごろ、新しい枝先に散房花序をだし、中心部に両性花と周辺に中性花を咲かせます。中性花は装飾花とも呼ばれ、淡い紫色または白色です。園芸品種も数多く作出されています。
アジサイ科アジサイ属の落葉低木、学名は Hydrangea macrophylla f. normalis。英名はありません。
"Gaku-ajisai" (Hydrangea macrophylla f. normalis) belongs to the Hydrangeaceae (the Hydrangea family). It is a small deciduous tree that is native to Japan, and distributed from Kanto-district to Chubu-district of Honahsu, the Izu Islands and the Ogasawara Islands. This tree grows in temperate coastal areas. The leaves are thick, broad elliptic and opposite. The corymbs are borne on the new branches, and the bisexual flowers at center and the neuter flowers at around the periphery bloom from June to July. The neuter flower is pale purple or white and also called ornamental flower. There are many cultivars.
[上] 長野県小谷村中土にて、2006年08月02日撮影。
[中1・中2] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年06月13日撮影。
[中3・中4] 長野県小諸市古城区にて、2006年07月09日撮影。
[中5] アメリカ・ワシントン州シアトルにて、2007年10月13日撮影。
(photo by Shoji Onozawa)
[中6〜7・下] 奈良市都祁吐山にて、2012年07月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp