ががいも (蘿摩)

Metaplexis japonica

Metaplexis japonica

Metaplexis japonica

Metaplexis japonica

Metaplexis japonica

Metaplexis japonica

Metaplexis japonica

Metaplexis japonica

Metaplexis japonica

Metaplexis japonica

Metaplexis japonica

Metaplexis japonica

Metaplexis japonica

Metaplexis japonica

わが国の各地をはじめ、東アジアの温・暖帯地域に広く分布しています。野原に生えて横に這う地下茎で広がります。葉は長卵状心形で対生します。8月ごろ、葉腋から長い花柄に総状花序をつけ、淡紫色の花を咲かせます。ガガイモ科の特徴で、花粉は固まって花粉塊となります。秋に「にがうり」のような疣のある袋果をつけ、種子は風に乗って運ばれます。若い芽や果実は食用になり、また葉は強壮剤として使われたりします。
ガガイモ科ガガイモ属の多年草で、学名は Metaplexis japonica。
英名は Gaga-imo、Rough potato。
"Gaga-imo" (Metaplexis japonica) belongs to the family Asclepiadaceae (the Milkweed family). It is a perennial herb that is distributed to all over Japan and the temperate to warm-temperate areas of East Asia. This herb grows in fields and spreads by trailing rhizomes. The leaves are long-ovate-cordate and opposite. The racemes are borne on the long peduncles and bloom pale purple flowers in August. The pollens form the pollen mass. The fruits are follicles and the seeds are carried on the wind. The young shoots and fruits are edible and the leaves are used for tonic medicine.
[上・中1〜2・中8] 茨城県神栖市矢田部にて、
2008年08月12日撮影。
[中6・中7] 同上にて、2008年11月30日撮影。
[中3] 大阪府四条畷市「むろいけ園地」にて、
2006年08月30日撮影。
[中5] 同上にて、2006年09月22日撮影。
[中4] 奈良県御所市関屋「金剛山」にて、2006年09月05日撮影。
[中9] 長野県上田市真田町「地蔵峠」にて、2006年08月01日撮影。
[中10] 長野県塩尻市片丘「高ボッチ高原」にて、
2006年06月02日撮影。
[中11〜12・下] 福島県昭和村佐倉にて、2012年08月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp