がじゅまる (榕樹)

Ficus retusa

Ficus retusa

Ficus retusa

Ficus retusa

Ficus retusa

Ficus retusa

Ficus retusa

Ficus retusa

Ficus retusa

インドから東南アジア、沖縄それに種子島や屋久島に自生しています。多くの気根を出し、地面に着くと支持根になります。この気根が、もとの木を絞め殺してしまうこともあるそうです。5月ごろ、「いちじく」のような花が咲き、8月には熟します。また「いちじくこばち」と共生関係にあり、いないと実がなっても発芽しません。「がじゅまる」は沖縄の地方名ですが、真っ赤な髪で子どもの姿をしたキジムナーという精霊が棲むといわれています。 
クワ科イチジク属の常緑高木で、学名は Ficus retusa。
英名は Banyan fig、Indian laurel。 
Banyan fig (Ficus retusa) belongs to the Moraceae (the Mulberry family). It is a tall evergreen tree that is native to India, Southeast Asia, the Okinawa Islands, the Tanegashima Island and the Yakushima Island of Japan. It's stems have many hanging aerial roots which form supporting roots when arrive at ground. The aerial roots may squeeze host tree to death. The fig-like flowers come in May and ripen in August. This tree has a symbiotic relationship between small wasps (Agaonidae). Without this pollinator service this tree cannot reproduce by seed. 
[上・中5] 中国・香港特別行政区「九龍公園」にて、
2009年07月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1] 愛知県田原市「伊良湖フラワーパーク」にて、
2004年03月07日撮影。
[中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年09月07日撮影。
[中3・中4] 中国・広東省東莞市「粤暉園」にて、
2009年07月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6・中7] 群馬県前橋市「ぐんまフラワーパーク」にて、
2009年12月20日撮影。
[下] 沖縄県那覇市にて、2016年06月19日撮影。
(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp