ガリウム・メガロスペルムム

Galium megalospermum

Galium megalospermum

Galium megalospermum

Galium megalospermum

Galium megalospermum

ヨーロッパのアルプスとマリチームアルプス(Maritime Alps)に分布し
ています。亜高山帯から高山帯の砂礫地に生え、高さは5〜10セン
チになり、カーペット状に広がります。広披針形から狭倒卵形の葉は
輪生します。夏に、散房花序をだし、小さな黄白色の花を咲かせま
す。属名の「ガリウム」は、古代にチーズを作るときの凝固剤として、
この草の絞り汁を用いたことから。
アカネ科ヤエムグラ属の一年草または二年草で、学名は Galium
megalospermum。英名はありません。
Galium megalospermum belongs to Rubiaceae (Madder family). It is an
annual or biennial herb that is native to Alps and Maritime Alps. This herb
occurs in sub-apline to alpine screes and can reach 5-10 cm in height, and
spread out carpet-like. The leaves are broad oblanceolate to narrow
obovate and whorled. The corymbs are borne and bloom small yellowish-
white flowers in summer. The genus Galium is derived from Greek 'Gala
(milk)', and the species was used for clabbering milk for making cheese in
ancient days.
[上・中1] スイス・ベルン州・グリンデルワルトにて、
2002年07月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ
高山植物園」にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[下] スイス・ベルン州・グリンデルワルト「バッハアルプゼー」にて、
2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp