がんくびそう (雁首草)

Carpesium divaricatum

Carpesium divaricatum

Carpesium divaricatum

Carpesium divaricatum

Carpesium divaricatum

Carpesium divaricatum

Carpesium divaricatum

Carpesium divaricatum

Carpesium divaricatum

Carpesium divaricatum

Carpesium divaricatum

Carpesium divaricatum

Carpesium divaricatum

Carpesium divaricatum

Carpesium divaricatum

Carpesium divaricatum

Carpesium divaricatum

Carpesium divaricatum

Carpesium divaricatum

Carpesium divaricatum

Carpesium divaricatum

わが国の各地をはじめ朝鮮半島や中国に分布しています。山地の明るい林床や林縁に生え、高さは30〜60センチになります。茎は直立し、卵状楕円形で長い柄のある葉は互生します。8月から10月ごろ、俯きかげんに黄色い頭花を咲かせます。名前は、総苞のかたちが煙管(きせる)の雁首に似ていることから。 
キク科ガンクビソウ属の多年草で、学名は Carpesium divaricatum。
英名はありません。 
The "Gankubi-so" (Carpesium divaricatum) belongs to Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to Japan, the Korean Peninsula and China. The herb grows in montane open forest floors and forest edges, and it can reach 30-60 cm in height. The stem is erect and the leaves are ovate elliptic with long petioles, and arranged in alternate. The yellow flower-heads bloom nodding from August to October. The Japanese common name is derived from the bowl of a pipe. 
[上] 滋賀県木之本町大音「賤ヶ岳」にて、2003年11月02日撮影。
[中1・中2] 大阪府東大阪市上四条町「なるかわ園地」にて、
2005年10月03日撮影。
[中3〜中5] 福島県檜枝岐村「尾瀬沼」にて、
2013年08月25日撮影。
[中6〜中8] 茨城県北茨城市関本町才丸にて、
2013年09月08日撮影。
[中9・中10] 神奈川県相模原市緑区「陣馬街道」にて、
2013年09月21日撮影。
[中11〜中14] 山梨県上野原市「扇山」にて、
2013年09月22日撮影。
[中15・中16] 茨城県桜川市「筑波山」にて、2014年08月23日撮影。
[中17〜19・下] 同上にて、2014年09月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp