ギャリーオーク [Index] [Back]

Quercus garryana

Quercus garryana

Quercus garryana

Quercus garryana

Quercus garryana

Quercus garryana

北アメリカの西部、カナダのブリティッシュコロンビア州からカリフォルニア州に分布しています。前山や山地、川岸などに生え、高さは12〜24メートル、幹の直径は60〜90センチになります。樹冠は頂が広くて丸く、多くの太い節くれだち、捻れた枝からできています。葉は濃緑色で革質、表面は光沢があり、裏面はやや淡く、不規則で丸い5〜9個の裂片に羽状に分裂します。果実は淡褐色のドングリで、長さは2.5センチほど、浅いボール形の殻斗があり、1シーズンで熟します。名前は、ハドソン湾会社の副総督であったニコラス・ギャリーに因みます。
ブナ科コナラ属の落葉高木で、学名は Quercus garryana。
英名は Garry oak、Oregon white oak。
Garry oak (Quercus garryana) belongs to the family Fagaceae (the Beech family). It is a tall deciduous tree that is native to western North America from British Columbia to California. This tree grows in foothills, mountains and riversides, and it can reach 12-24 m in height and 60-90 cm in trunk diameter. The tree crown is broad and round topped, consisting of many thick gnarled twisting branches. The bark is light gray to gray-brown, and furrowed into shallow irregular broad ridges. The leaves are dark green and shiny above and paler below, leathery, and pinnately lobed with 5-9 irregular rounded lobes. The fruits are light brown acorns, about 2.5 cm long, with shallow and bowl-like caps, and mature in a single season. The tree is named after Nicholas Garry, deputy governor of the Hudson's Bay Company.
アメリカ・ワシントン州「キャサリンクリーク」にて、
2013年06月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp