ガーリックバイン (大蒜葛)

Pseudocalymma alliaceum

Pseudocalymma alliaceum

南アメリカのギアナやブラジルに分布しています。わが国の沖縄で
も、あちこちの家の垣根を彩っているそうです。蔓性で、ほかの木な
どに巻きついてよじ登ります。葉は卵形で対生しますが、潰すと「ニン
ニク」のような香りがあります。春と秋に、紫色の漏斗状の花を咲か
せます。別名で「ニンニクカズラ(大蒜葛)」とも呼ばれます。
ノウゼンカズラ科プセウドカリンマ属の常緑低木で、学名は
Pseudocalymma alliaceum。英名は Garlic vine。
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2005年11月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp