ガステリア・バテシアーナ (春鴬囀)

Gasteria batesiana

Gasteria batesiana

南アフリカのクワズールーナタール州北部からリンポポ州に分布して
います。サバンナや渓谷などに生え、多肉質で高さは30〜45セン
チになります。また無茎種で、基部から増殖して群落を形成します。
晩春から夏にかけて、花茎を伸ばして総状花序をつけ、口先が淡黄
色で朱色の筒状花を咲かせます。園芸上は「シュンオウテン(春鴬
囀)」と呼ばれます。
ユリ科ガステリア属の常緑多年草で、学名は Gasteria batesiana。
英名はありません。
Gasteria batesiana belongs to Liliaceae (Lily family). It is an evergreen
perennial that is distributed in northern KwaZulu-Natal to Limpopo
Province of South Africa. This succulent herb occurs in savannah and
valleys and can reach 30-45 cm in height. It is a stem-less and proliferates
from the base to form colony. During late spring to summer, scarlet tubular
flowers with pale yellow tips are seen in racemes on the stalks.
名古屋市千種区「東山植物園」にて、2006年12月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp