げんぺいくさぎ (源平臭木)

Clerodendrum thomsonae

Clerodendrum thomsonae

Clerodendrum thomsonae

Clerodendrum thomsonae

西アフリカが原産です。蔓性で樹木などに絡みつき、長さは4メート
ルほどになります。赤い花冠と白い萼の対照が鮮やかな花です、名
前は、源氏の白旗、平氏の赤旗になぞらえて、また花のかたちが「ク
サギ」に似ていることから。初夏に開花が盛んになる相対的な短日
植物です。別名で「げんぺいかずら(源平葛)」や「げんぺいぼく(源平
木)」と呼ばれます。
クマツヅラ科クサギ属の常緑低木で、学名は Clerodendrum
thomsonae。英名は Glorybower, Bleeding heart vine。
Glorybower belongs to Verbenaceae (Verbena family). It is an evergreen
small tree that is native to West Africa. This is a climbing tree and can reach
about 4 m long. The flower has lively colors, the red corolla in contrast to
white calyx.
[上・中1] 静岡県南伊豆町下賀茂「下賀茂熱帯植物園」にて、
2007年02月16日撮影。
[中2・下] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年05月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp