ゲンチアナ・アングスティフォリア [Index] [Back]

Gentiana angustifolia

Gentiana angustifolia

Gentiana angustifolia

ヨーロッパのアルプスやピレネー山脈に分布しています。標高900〜2000メートルの山地草原に生え、高さは5センチほどになります。ときに大きなカーペット状に広がります。葉は狭楕円形からへら形です。春にトランペット形をした濃青色の花を咲かせます。
リンドウ科リンドウ属の多年草で、学名は Gentiana angustifolia。
英名はありません。
Gentiana angustifolia belongs to Gentianaceae (Gentian family). It is a perennial herb that is native to Europe, Alps and Pyrenees. This herb occurs in upland meadows 900-2000 m elevation and can reach about 5 cm in height. It forms large mats in time. The leaves are narrowly elliptic to spatulate. The deep blue, trumpet-shaped flowers come in spring.
スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山植物園」
にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp