ゲンチアナ・ニウァリス [Index] [Back]

Gentiana nivalis

Gentiana nivalis

ヨーロッパに分布しています。標高1600〜3100メートルの草地や湿地、荒れ地や岩場などに生え、高さは5〜15センチになります。茎は直立し、分枝します。葉は卵形から楕円形状で対生します。花は、明るい濃青色で直径8ミリほど、6月から8月に咲きます。
リンドウ科リンドウ属の多年草で、学名は Gentiana nivalis。
英名は Snow gentian。
Snow gentian (Gentiana nivalis) belongs to Gentianaceae (the Gentian family). It is a perennial herb that is native to Europe. This herb grows in meadows, marshes, heaths and stony places, 1600-3100 m elevation, and can reach 5-15 cm in height. The stems are erect and branched. The leaves are oval or elliptical and arranged in opposite. The flowers are bright, deep blue, about 8 mm across, and bloom from June to August.
[上] スイス・ベルン州グリンデルワルト「バッハアルプゼー」にて、
2009年06月29日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[下] 同上にて、2009年06月29日撮影。(Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp