げんのしょうこ (現の証拠)

Geranium thunbergii

Geranium thunbergii

Geranium thunbergii

Geranium thunbergii

Geranium thunbergii

Geranium thunbergii

Geranium thunbergii

Geranium thunbergii

Geranium thunbergii

Geranium thunbergii

Geranium thunbergii

Geranium thunbergii

Geranium thunbergii

Geranium thunbergii

Geranium thunbergii

Geranium thunbergii

Geranium thunbergii

Geranium thunbergii

わが国の各地をはじめ、台湾や朝鮮半島に分布しています。山野や道ばたなど、やや湿り気のあるところに生え、高さは30〜60センチになります。葉は掌状に3〜5深裂します。若葉には紫黒色の斑点があります。7月から10月ごろ、長い花柄の先に2個の花を咲かせます。赤花と白花があり、西日本には赤花(紅色から赤紫色)が多く、東・北日本には白花系が多いようです。下痢止めの薬草として有名で、「すぐに効き目が現れる」ことが語源です。 
フウロソウ科フウロソウ属の多年草で、学名は Geranium thunbergii。英名は Dewdrop crane's-bill、Gen-no-shoko。 
The Dewdrop crane's-bill (Geranium thunbergii) belongs to Geraniaceae (the Geranium family). It is a perennial herb that is native to Japan, Taiwan and the Korenan Peninsula. This herb grows in wettish fields, mountains and roadsides, and can reach 30-60 cm in height. The leaves are divided into 3-5 lobes palmately. The young leaves have purplish-black mottles. Two flowers come on the long peduncles from July to October. They have red and white flower colors. This herb has been used as a herbal medicine for against diarrhea. 
[上・中1] 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷にて、2007年08月01日撮影。
[中2] 大阪府河内長野市滝畑「岩湧山」にて、
2005年09月30日撮影。
[中3] 奈良県上北山村西原「伯母ヶ峰」にて、
2005年08月02日撮影。
[中4] 岐阜県揖斐川町春日川合「伊吹山」にて、
2005年10月09日撮影。
[中5] 長野県小谷村中土「雨飾高原」にて、2006年08月02日撮影。
[中6] 長野県伊那市長谷黒河内にて、2006年08月24日撮影。
[中7] 奈良県御所市関谷「金剛山」にて、2006年04月14日撮影。
[中8・中9] 新潟県湯沢町三国「浅貝自然観察教育林」にて、
2010年09月05日撮影。
[中10・中11] 群馬県沼田市利根町南郷にて、
2010年10月02日撮影。
[中12] 栃木県日光市中三依「湿生園」にて、2013年08月24日撮影。
[中13] 福島県檜枝岐村「尾瀬沼」にて、2013年08月25日撮影。
[中14・中15] 福島県矢祭町宝坂にて、2013年09月08日撮影。
[中16] 福島県いわき市「往生山」にて、2014年04月05日撮影。
[下] 福島県北塩原村「グランデコ」にて、2014年09月07日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp