げんかいつつじ (玄海躑躅)

Rhododendron mucronulatum var. ciliatum

Rhododendron mucronulatum var. ciliatum

Rhododendron mucronulatum var. ciliatum

Rhododendron mucronulatum var. ciliatum

Rhododendron mucronulatum var. ciliatum

Rhododendron mucronulatum var. ciliatum

わが国の本州、岡山県以西から九州北部、対馬それに朝鮮半島に
分布しています。「からむらさきつつじ(R. mucronulatum var.
mucronulatum)」の変種です。山地の岩場に生え、高さは2〜4メート
ルになります。葉は楕円形で、両面に粗毛が生えています。3月から
4月ごろ、葉の展開前に淡紅色から紅紫色の花を咲かせます。白花
品種もあります。
ツツジ科ツツジ属の落葉低木で、学名は Rhododendron mucronulatum
var. ciliatum。英名はありません。
"Genkai-tsutsuji" (Rhododendron mucronulatum var. ciliatum) belongs to
Ericaceae (the Azalea family). It is a small deciduous tree that is distributed
westward from Okayama prefecture of Honshu to northern Kyushu,
Tsushima Islands and Korean Peninsula. This species is a variety of "Kara-
murasaki-tsutsuji" (R. mucronulatum var. mucronulatum). This tree grows in
montane rocky slopes and can reach 2-4 m in height. The leaves are elliptic
and covered with rough hairs. It produces pale rose-pink to pale magenta,
rarely white flowers in March to April.
[上・中1] 長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、
2009年04月25日撮影。
[中2] 神戸市灘区六甲山町「六甲高山植物園」にて、
2004年04月20日撮影。
[中3] 同上にて、2005年04月19日撮影。
[中4・下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年03月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp