ゲウム・モンタヌム [Index] [Back]

Geum montanum

Geum montanum

Geum montanum

ヨーロッパの山地、アルプスやアペニン、ピレネー山脈などに分布しています。標高1200〜3500メートルの岩場の斜面に生え、高さは15〜20センチになります。ほふく茎は出しません。葉は奇数羽状複葉で、非常に大きい長楕円形の頂小葉があります。初夏に、直径25〜40ミリ、黄金色の花を咲かせます。花弁にはわずかに切れ込みがあります。
バラ科ダイコンソウ属の多年草で、学名は Geum montanum。
英名は Alpine avens。
Alpine avens (Geum montanum) belong to the Rosaceae (the Rose Family). It is a perennial herb that is native to European mountains; Alps, Apennines and Pyrenees. This herb grows in rocky slopes 1200-3500 m elevation, and can reach 15-20 cm in height. It has no runners. The leaves are odd-pinnately compound with very large oblong terminal segments. The flowers are golden-yellow, 25-40mm in diameter, and bloom in early summer. The petals are often slightly notched.
[上・中] スイス・ベルン州バッハアルプゼーにて、
2009年06月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、2008年06月19日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp